HOME > 短期給付事業 > 災害にあったとき

災害にあったとき

「弔慰金」や「災害見舞金」が支給されます。

地震や火災、水害などの非常災害によって、組合員や被扶養者が死亡したり、住居・家財に損害を受けたときは、弔慰金や災害見舞金が支給されます。
 なお、この給付はお見舞金的性格を有するものであり、損害額を補償するものではありません。


災害による死亡の場合 (弔慰金、家族弔慰金)

支給額 組合員 (弔慰金) 標準報酬の月額の
1ヵ月分
被扶養者 (家族弔慰金) 標準報酬の月額の
1ヵ月分×70/100

請求に必要な書類

  • 弔慰金・家族弔慰金請求書
  • 請求書に非常災害で死亡したことの証明を受けること
  • 弔慰金・家族弔慰金支給調査書
  • 除籍謄本

災害によって住居等に損害を受けた場合 (災害見舞金)

組合員が非常災害(盗難は除く)によって住居や家財に損害を受けた場合に、災害見舞金が支給されます。その額は、住居と家財について別々に算定しますが、合算して標準報酬の月額の3 カ月分が上限となります。なお、同一世帯に組合員が2 人以上いる場合は、それぞれに支給されます。

「住居」と「家財」について

住居とは、組合員が実際に生活の場としている建物のことで、それが自宅であっても、公務員宿舎であっても、借間であってもかまいません。
車庫、塀、門、物置、倉庫等は含まれません。
家財とは、家具、調度品、衣服など住居以外の日常生活上必要な一切の財産のことです。不動産や現金、有価証券、趣味の対象となる物、装飾品などは含まれません。

現地調査について

災害見舞金の支給にあたっては、現地調査を行う必要がありますので、災害が発生したときには、お勤め先の共済事務担当課または、共済組合へ連絡してください。

請求に必要な書類

  • 災害見舞金等請求書
  • 請求書にり災証明を受けること
  • 被災状況の平面図・見取図
  • 被災状況の写真
  • 災害見舞金支給調査書
  • 家財損害額見積書
  • 固定資産評価証明書
※状況に応じてその他の書類を提出していただく場合があります。

災害見舞金の給付決定について

提出いただいた書類等を基に総合的に判断するため、り災証明書の判定と異なる場合があります。
 住居または、家財に1/3以上の損害を受けていない場合は、災害見舞金の支給はありません。