HOME > 組合のご案内 > 当組合の概要

千葉県市町村職員共済組合の概要

当組合は、地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号。以下「法」という。)に基づき、千葉県内市町村役場及び、一部事務組合に勤務されている組合員(公務員)の短期(医療保険)給付事業、 長期(年金)給付事業及び、福祉事業等を行うことによって、組合員とご家族の生活の安定と福祉の向上を図ることを目的として設立されました。

また、市町村職員共済組合は、各都道府県ごとに設置されています。 なお、国家公務員・県職員・公立学校職員・警察職員の方については、それぞれ個別に共済組合が設置されています。


千葉県市町村職員共済組合を構成する所属所及び組合員数等の概況
(令和元年6月末現在)
1 団体数
町村 一部事務組合等 合計
37
17
47
101
2 組合員数
合計
32,763人
22,474人
55,237人
3 被扶養者数

 43,228人

4 任意継続組合員数

 957人


共済組合が行っている事業

共済組合が行う事業は、法に基づき組合員の掛金及び地方公共団体の負担金によって賄われています。

1 短期給付事業(医療保険関係)

短期給付とは、組合員とその家族(被扶養者)の病気やけが、出産、死亡、休業及び災害などに対して行う給付で、民間の健康保険の給付に相当するものです。

2 長期給付事業(公的年金関係)

組合員が、永年勤続して市町村等を退職したときや在職中の病気やけががもとで障害の状態になったとき、あるいは不幸にして死亡したときに、老後の生活や残された家族の生活の支えとして、共済組合が年金や一時金を支給するものです。

3 福祉事業

下記の各種福祉事業を行っています。

保健事業

組合員及び被扶養者の疾病予防、健康の維持・増進、保養等のための必要な事業を行っています。

保健事業一覧


宿泊事業

組合員及び家族が利用するための直営保養所、直営宿泊施設を運営しています。
保養所として千葉県鴨川市に「黒潮荘」、保健施設として栃木県那須高原に「那須の森ヴィレッジ」、宿泊・婚礼・宴会等の総合施設として千葉県千葉市に「オークラ千葉ホテル」を運営しています。


貯金事業

組合員の貯金の受入れとその運用及び利息の支払いを行っています。


貸付事業

組合員の臨時の支出に必要な資金や、住宅又は住宅のための敷地購入に必要な資金などの貸付けを行っています。


物資供給事業

組合員が自動車を購入するときに、その購入資金を融資する事業を行っています。
*共済組合が契約している「特約店」での購入が対象